自動車任意保険を一括見積りして任意保険料を安くしよう

自動車任意保険を一括見積り

自動車任意保険なんとなく同じ保険会社で更新を続けていませんか?
いろんな保険会社の自動車任意保険を検討しないと大事なお金を損しますよ。

でも自動車任意保険の見積り依頼って結構面倒。保険会社もたくさんあるし・・・・
そんな「自動車任意保険料は安くしたいけど、複数保険会社から見積りをとるのは邪魔臭い」というあなたにぴったりの情報です。

なんと複数の保険会社に自動車任意保険の見積りを一括で請求できます。自動車任意保険の見積り依頼できる保険会社は最大20社。無料で一括見積りができるうえに500円のマックカードが貰える特典付き。

下の保険会社から自動車任意保険の見積りが可能です


さあ自動車任意保険の更新時期が近い人は迷わず見積りをして任意保険料を下げましょう。
浮いたお金でドライブに行くもよし、自動車パーツを買うもよし、より補償が大きい自動車任意保険にするもよし。
充実した自動車ライフに欠かせない任意保険を賢く選択しましょう

保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り!

自動車任意保険とは

ここでは自動車任意保険の基礎知識を説明します。

この保険は交通事故が発生したときの被害者の救済と加害者の経済的負担を軽減するためのものです。交通事故が発生した場合の賠償金は医療費や車の修理代だけでなく、物に被害を与えた場合にはその物品の補償なども必要で、非常に多額になる事が多いです。

この賠償金を負担してくれるのが自動車保険です。自動車保険には「強制保険」と「任意保険」の2種類あります。
強制保険は自賠責保険と呼ばれるもので全ての車が強制的に加入させられているものです。万一の交通事故発生時にはこの強制保険から保険金が支払われるのですが、残念ながら金額的に少ない場合がほとんです。
つまり強制保険だけでは交通事故を起こしてしまった場合に必要な賠償金に足りないために加害者の経済的負担が問題になるのです。

強制保険の問題を補うための保険が「任意保険」です。言葉のとおり保険に入る・入らないは各人の自由です。しかし自賠責保険だけでは万一の時の賠償金が足りない事実がある以上、任意保険に入るのはドライバーの義務と言ってもよいと思います。

自動車任意保険には4つの種類があります。
1.人に対する賠償金を支払う「対人保険」
2.物に対して賠償金を支払う「対物保険」
3.同乗者に対して賠償金を支払う「人身障害補償保険」
4.自分の車に対して賠償金を支払う「車両保険」
ほとんどの商品は上記の4種類の保険を自由に組み合わせることができますので、自分にあった自動車任意保険を利用する事が可能です。

実は自動車任意保険は少し前までどの会社のものでも同じ条件で同じ保険金額でした。法律でそのように定められていたのですが、1998年に自動車任意保険が自由化になり、海外から保険会社が日本国内市場に参入するようになりました。
その結果、多種多様な商品が売り出されてそれぞれの保険料にも格差があらわれています。

昔のように「どの会社でもとりあえず入っていれば良い」という考えでは、まったく同じ賠償内容にも関わらず高い保険料を支払う事になりかねません。
ですからいろんな会社のサービスを調べて少しでも安い自動車任意保険に入るようにする事が重要です。たったそれだけのことで数万円も得することもあります。

実は日本の自動車事故による死者数は減少している傾向にあります。1996年に年間の交通事故死者が1万人を下回ってからは、コンスタントに減り続けています。
しかし交通事故そのものは増加しており、負傷者の数は増加の一途を辿っているのです。発生件数からすると、毎年、国民の100人に1人がなんらかの交通事故の被害に遭っているということになるのです。
この数字を見ると「俺には交通事故なんて関係ない」とは決して言えないと思います。
だからこそ自動車任意保険に加入して金銭的なリスクに備えておくことがドライバーの義務だと言えるのです。

自動車任意保険の検討について

自動車任意保険の内容を検討する時の注意点に説明します

先ほど説明したように自動車任意保険には4つの種類があります。
1.人に対する賠償金を支払う「対人保険」
2.物に対して賠償金を支払う「対物保険」
3.同乗者に対して賠償金を支払う「人身障害補償保険」
4.自分の車に対して賠償金を支払う「車両保険」

この中でまず検討する必要のあるのが1と2です。つまり被害者に支払う賠償に対する保険です。事故の際にはこの2つに対して高額の賠償金が発生するケースが多く、これが加害者の経済的負担となってしまうのです。ですからまずは対人と対物に対する補償内容をよく検討しましょう。

その後で3と4を検討します。これは自分の車そのものや同乗者に対する補償です。たとえば車がキズだらけの中古車であれば車両保険に多額の保険料を払うのは無駄でしょう。一人でしか車に乗らないのであれば同乗者保険は不要です。
このような観点から3と4を検討すれば保険料を下げることが可能になります。

まず自動車任意保険の内容を検討する時には対人・対物を優先して充分な補償を確保して、その後で必要最低限の同乗者と自車に対する補償を積みましょう。

自動車任意保険の保険料を下げる

自動車任意保険の保険料を下げるコツをアドバイスします

お勧めはダイレクト系保険会社の『リスク細分型保険』です。以前からドライバーの年齢や事故歴によって保険料が異なっていましたが、これをより細分化したのが『リスク細分型保険』です。
リスク細分によってあなたの事故発生リスクが低いと判断されれば自動車任意保険料が下がることになります。保険業法施行規則によって、年齢/性別/運転歴/使用目的/使用状況(年間走行距離など)/車種/安全装備(エアバッグ・ABS・衝突安全ボディなど)/所有台数/地域 という9つのリスク要因で保険料に差をつけてもよいことになっています。

まずはこのリスク細分型保険の見積もりをできるだけ多くの自動車保険会社から取りましょう。
残念ながら事故歴が多い方ではリスク細分型保険の法が保険料が高くなる事も考えられます。その場合は従来型の保険で見積もりを取りましょう。

いずれにしても出来るだけ多くの会社から色々なタイプの保険の見積もりを取って一番トクな任意保険を選択する事です。それには自動車任意保険の一括見積もりが可能な以下のサービス利用が最適です。

保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り!



一度の入力で最大20社の保険会社からお見積もり!



自動車保険料払いすぎていませんか?徹底比較がコツ!!



【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求!